webサイトの歴史

webサイトの歴史

webサイトは今でこそ、ありふれたものだが、その原点は最近の技術です。

 

1980年に構築されたENQUIREというシステムです。

 

それから約十年後の1991年にWWWのシステムが論文として発表されたのです。

 

やはり、その当時は現代のように複雑なシステムではありませんでした。

 

また、リンクをクリックすることによって別のページに移動するシステムはハイパーテキストと呼ばれます。

 

WWWはハイパーテキストをインタネット上で実現した点が画期的だったのです。

 

当初は文字だけを向き合うことができましたが、アッという間に画像も表示出来るようになりました。

 

そうして、最初のWebブラウザであるMosaicが1992年に発表されたのです。

 

そのソースコードは公開されてあり、誰でもが自由に取り扱うことができました。

 

そのためにWWWが世界中で爆発的に広がっていったのです。

 

webサイト製作においてはそういった歴史を考える必要はありません。

 

但し、利用出来る技術はグングン進化しています。

 

プロとしてwebサイト製作に携わっているのであれば、それらの目新しい技術に関心を携帯しておかなければなりません。

 

サテライトサイトやSEOなどは、現代では当たり前の言葉となりました。

 

ただし、数年前まではその言葉もなかったのです。

 

5年後、10年後には二度と変化を遂げていることでしょう。

 

自分が作ったサイトが5年後も色あせないようにメンテナンスをこまめに行っていかなければなりません。

 

一度作ってしまえば、次いでおしまいということではないのです。

 

毎日の勉強が大事ですね。

 

 

 

webサイトとスマートフォン

携帯電話はどんどん進化してあり、今はスマホが主流になってきました。

 

今までの携帯電話ではなく、スマホは大きな可能性を秘めています。

 

スマホ上で動作するアプリケーションはたくさん出来上がるようになってきましたが、webサイト製作は遅れていました。

 

当然、通常のwebサイトも表示出来るのですが、スマホにノーマライズすることが大変だったのです。

 

そのような状況も改善の方向性が見えてきました。

 

スマホにノーマライズしたwebサイト製作のサービスが発表されたのです。

 

スマホそれでは通常のwebサイトには無い独自のノウハウが必要とされています。

 

そのために敷居が高かったのです。

 

専用サービスを利用すれば、簡単にwebサイトを仕掛けることができます。

 

スマホがこれからの主流なのですから、当たり前の流れとも言えます。

 

このサービスまずは予め準備されたテンプレートに必要な画像やテキストをくっつけるだけでwebサイトが出来上がるのです。

 

すぐにでも公開できます。

 

ブログの仕組みが出来るようになって、多くの人がブログを書くようになりました。

 

その感覚でスマホもアクセスすることが出来るのです。

 

このソフトウェアは株式会社クライマークスと言うところが開発しました。

 

webサイト製作が無料で出来るのです。

 

あなたもスマホのサイトであるスマホを作ってみませんか。

 

また、一気に有料サービスも行われています。

 

これからの時代はスマホとwebサイトかも知れませんね。

 

 

 

webサイト製作の手順

webサイト製作の手順をより説明ください。

 

webサイトの規模にもよりますが、ある程度の構想を紙に書いてみることによって、如何なる作りにすればいいのかが明確になって来る。

 

行き当たりばったりに考えるのではなく、計画的に始めることを考えましょう。

 

また、後からページ数の増加や項目の増加にも対応出来るようにしておくことが大事です。

 

webサイト製作の下準備としては、webサイトの基礎知識が必要です。

 

できればHTMLを知っておくことや画像を編集するための知識もほしいところです。

 

最も、専用のソフトウェアを使えば、HTMLを知らなくてもwebサイト製作は可能です。

 

それでは、設計書の作成です。

 

サイトの目的、タイトル、雰囲気を考えます。

 

また、必要なコンテンツも洗い出して、それぞれのページの構成を考えます。

 

イメージを紙に書いてみるとよいでしょう。

 

そうしたら、デザインです。

 

webサイトのデザインは見る人にあげる印象に広く影響しますから、全く重要なものです。

 

また、画面のレイアウトも考えておきます。

 

そしたら、原稿を準備します。

 

中身の文章が一番大事なところです。

 

あなたが伝えたいことをわかりやすい文章で記述ください。

 

やはり、飾り文字や画像、写真なども準備していきます。

 

そうして、ソフトとしてそれぞれのページを製作していきます。

 

専用ソフトを使用諦める場合はHTMLを自分で記述しなければなりません。

 

また、ページ間のリンクも間違いがないか確かめておきましょう。

 

そうして、すべてがチェックできたら、サーバーにアップします。

 

これで次第は終わりです。

 

 

 

webサイトの目的

目的のないサイトは誰も読みたくないからです。

 

これからwebサイト製作を考えているのであれば、その目的をはっきりさせておくことが大事です。

 

最近は、ブログやTwitterが流行しています。

 

簡単にwebサイトを組み立てることができるからです。

 

自分の思ったことや出来事などを日記調で書いている人も多いようです。

 

でも、いかなることをポイントとしているのか明確にした方がいいでしょう。

 

また、webサイト製作においてはアフィリエイトサイトが増えてきています。

 

検索エンジンにおいて情報を探そうとしても、目的のサイトに何やらたどり着けないことが多いと感じませんか。

 

アフィリエイトとは広告によって収入を得るための仕組みですが、それが目的のサイトには重要な情報はないケースが多いのです。

 

但し、検索結果では上位に表示されることが多いのです。

 

私たちの生活はインターネットの普及によって、ずいぶん便利になってきました。

 

但し、膨大な情報の中から自分が必要としているものを生み出すことが難しくなってきているのです。

 

テレビもコマーシャルが多いと、苛苛しますよね。

 

インターネットも同じです。

 

広告だらけで本編がどこにあるかわからないようなサイトは迷惑そのものなのです。

 

あなたはいかなるサイトを作っていますか。

 

はっきりした目的を所持してwebサイト製作に取り掛かって下さい。

 

有意義な情報を掲載すれば、恐らくアクセスする人が上がることでしょう。

 

内容を充実打ち切るで、アクセス数を繰り返すテクニックばかりを追求してはいけませんね。

関連ページ

webサイト製作について
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイト製作のスクール
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイトとマーケティング
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイトのサイズ
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイト製作の問題
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイトの作り方
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
webサイトとテンプレート
webサイトの歴史、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。