デジタルサイネージのコンテンツ

デジタルサイネージのコンテンツ(1)

デジタルサイネージはさまざまな情報や広告を押し出す電子看板というものだということが、既にお分かりいただけていると思いますが、そのデジタルサイネージのコンテンツとなるものを、いくつかご紹介いたしましょう。

 

これから、デジタルサイネージを機材ごと導入しようとお考えのかたや、一部分だけ広告枠を購入して広告を流そうとして来るかたにもお役に立てると思います。

 

例えば、小売店などでは特売品などをデジタルサイネージのコンテンツとして押し流すのが一般的です。

 

その日1日だけの特売品、数日間だけの特売品、1週間単位で入れ替わる特売品など、多くのお客様に知って下さい情報として、特売品は効果的ですよね。

 

お客様側といたしましてはお得な商品を購入出来るのは大変有り難いことですし、映像を見ることで、買い忘れていた品ものを思いだすというメリットもあります。

 

食品関係であれば、美味しそうな画像を乗せることは必要不可欠です。

 

その他の商品でしたら、やはり一目でわかりやすい画像、そして価格もアッという間に目に付くようなものが良いですね。

 

食堂などでも小売店と同じような感じです。

 

その日のサービスメニューなどをデジタルサイネージに押し出すところが多いようです。

 

安くて美味いものであれば、そのデジタルサイネージを見た新規のお客様が入店できる可能性もグンと高くなりますからね。

 

食堂では何と言いましても、お料理の美味しそうな画像を載せることが大事でしょう。

 

価格やその他呑みもののサービスなど、お得な情報も分かりやすく含めるのが良いですね。

 

 

 

デジタルサイネージのコンテンツ(2)

前回に引き続きまして、今回もデジタルサイネージのコンテンツについてお話を進めてゆきたいと思います。

 

今回は、旅行や観光関係のコンテンツについてお話してみましょう。

 

旅行情報や観光情報と言いますと、空港や駅のデジタルサイネージにおきましてはこれから定番中の定番でしょう。

 

旅行会社などでもデジタルサイネージを設置しているところは、旅行情報と観光情報は必須ですね。

 

他には・・・以前の記事の中けれどもご紹介いたしましたように、道の駅などでもデジタルサイネージの実験を行いましたから、これからサクサク全国の道の駅に設置され、観光情報を流すことになるでしょう。

 

その際にメインとなるのは、何しろ各地域ごとの観光情報となるのではないでしょうか。

 

現代では、日本人もとても豊かになりましたから、海外でもどこでも簡単にたどり着けるようになりました。

 

学生さんから大いにご高齢のかたまで、みなさまご旅行が大スキなのです。

 

ですから、旅行のコンテンツの注目度はかなり高いものと思われます。

 

依然として旅行とは関係のない店舗のデジタルサイネージに旅行関係の広告や情報が流れたとしても注目するかたは多いだろうと思われます。

 

どこでご覧になるにせよ、目にすることによって旅行に行きたい気持ちが湧き上がるという場合もありますよね。

 

ですから、旅行や観光関係の情報をデジタルサイネージに流したいかたは、探るかたが、すぐにでも発ちたく上るような旅心を誘うような広告、情報を製作すると良いでしょうね。

 

 

 

デジタルサイネージのコンテンツ(3)

デジタルサイネージのコンテンツは心から多種多様です。

 

現在のテレビコマーシャルを思い浮かべて下さい。

 

膨大な量の広告や情報が流れていますね。

 

それらとそんなふうに貫く情報量なのがデジタルサイネージだと思います。

 

かえって、デジタルサイネージのほうが、ドラマなどのいわゆるテレビ局がない分、それ以上の広告や情報を押し流すことが出来るでしょう。

 

そうなりますと、必然的にちっちゃな番組とも言えるようなコンテンツも登場することになります。

 

過去にも何度か触れました、トレインチャンネルのワンポイント英会話なども、小さな番組ともできるような内容になっていますし、他にも、占いなどのコンテンツも結構長めのものがあります。

 

今後は、どんどん長いコンテンツも登場する可能性は充分にありますね。

 

情報として本当に便利に感じたものには、不動産関係の情報があります。

 

敢えて不動産屋さんまで足を運ばなくても、最初にデジタルサイネージでもの件の情報を細かく探ることが出来るからです。

 

離れた場所の不動産情報なども、画像によって大いに正確にわかることが出来るでしょうね。

 

このようなデジタルサイネージの使い方はとても凄いと思います。

 

また、各種のイベント情報などもデジタルサイネージで多数、発信されています。

 

このような情報も、幅広く発信することによって群がるかたがたが重なることと思います。

 

未だに始まって間もないデジタルサイネージですが、可能性は無限大です。

 

 

 

デジタルサイネージの展示会

デジタルサイネージの設置をお考えのかたや、広告枠のご購入をお考えのかたでしたら、デジタルサイネージのエキシビションなどにご興味をお持ちではないでしょうか。

 

もしそうであれば、ぜひ一度、足を運んでいただきたいと思います。

 

以前にも甘く触れましたが、3Dで映像が飛び出て現れるような最新のデジタルサイネージなど、目を賭けるような製品がたくさん出品されています。

 

やはり、そのような驚くべき技術のものばかりではなく、実用的な製品の展示もたくさんありますよ。

 

デジタルサイネージのエキシビションで有名なものと言いますと、「デジタルサイネージジャパン」でしょう。

 

このところ、毎年のように開催されています。

 

それも一日だけの開催にとどまらず、数日にわたって開催されていますから、都合に合わせてお出かけすることが出来るでしょうし、来場者数も10万人を何気なく超えるような大規模なエキシビションです。

 

ただし、デジタルサイネージのエキシビションは、その他にもいくつもあります。

 

デジタルサイネージの機材を製造している企業などが合同でエキシビションを催す場合もありますから、まったく頻繁にあちらこちらで開催されているようですね。

 

このへんのことは、インターネットで検索してみるとすぐにわかりますから、とにかく、初めてお出かけして見ることをお勧めいたします。

 

デジタルサイネージの実ものを見ながら、さまざまな説明を受けることによって、遠くに思っていたデジタルサイネージを身近に察することが出来るようになるでしょう。

 

とにかく活用してみたいというかもしれませんよ。

 

 

 

デジタルサイネージのレンタル

ここまでデジタルサイネージについての記事を読んでくださったみなさまは、もうすでにかなりの興味をお持ちになっていますでしょうか。

 

自分の会社や店舗などでもデジタルサイネージを導入してみたい・・・あるいは、人通りの良い場所のデジタルサイネージの広告枠を購入して、自社製品の広告を流したい・・・そのように思っていますでしょうか。

 

それとも、ちょいウチには手が出ない代ものだ・・・などとお考えでしょうか。

 

だとしたら、非常に残念なことです。

 

もしかすると、流行り始めの今がチャンスなのかもしれませんよ。

 

デジタルサイネージは本当はレンタルすることも出来るのです。

 

中小企業や小売店が、活用できるかどうかも定かでないうちから大きな機材一式を購入する必要はありません。

 

最初はレンタルから始めるのも良いのではないでしょうか。

 

また、何らかのイベントのために短期間だけ使用狙うというかたにも、レンタルのデジタルサイネージは最適でしょう。

 

レンタル料金については、さすがディスプレイの大きさなどもありますから、ピンからキリまでです。

 

愛するものが現れるまで、数軒、問い合わせをしてみると良いと思います。

 

デジタルサイネージをレンタルして、売上が多少なりとも上がってきたのでしたら、今度は購入する気持ちも出てくるかもしれないですね。

 

ちょっぴり試してみて、なにも貫くようなら、見合わせたって良いのです。

 

とにかくでは、レンタルから始めてみてください。

 

 

 

デジタルサイネージの未来

ここまで、デジタルサイネージに関するさまざまな話題を提供してまいりましたが、いかがでしたか。

 

デジタルサイネージは、少し始まったばかりの技術です。

 

とはいえ、明らかに社会全体に浸透してきています。

 

そうして、それはくれぐれも日本の中だけのことではありません。

 

全世界的に、その傾向があります。

 

広告や情報は、さらに長い間、テレビやラジオ、そして新聞や雑誌などの紙のメディアが主流でした。

 

近年になって端末が各家庭に浸透し始めると、いよいよインターネットという目新しい媒体が生まれました。

 

そうして今、デジタルサイネージの時代に突入したということになりますね。

 

10年、20年前には、想像もしなかったような広告媒体でしょう。

 

さて、この、デジタルサイネージの未来とは案の定どのようなものなのでしょう。

 

3D映像も少し前まででしたら未来的でしたが、今やすでにアクティベーションしていますし、これからはおんなじ立体映像も、ホログラムというものになってゆくのでしょうか。

 

また、単なる電子看板ではなく、タッチパネル方式で確かめるかたが自由に選択出来たり、また、携帯電話そのものをデジタルサイネージとして、直接的に広告を配信するビジネスモデルなども、もはや作られています。

 

お客様が、携帯電話で店舗のデジタルサイネージにタッチすることで、目的とするモバイルサイトへ誘導することももう可能となっています。

 

携帯電話との連動型が、この先の未来を予感させますね。

 

ひいては、災害ときの災害情報提供なども行ってゆくようになるでしょう。

 

多分、現在ではまだまだ予測もつかないような未来が待っているのではないでしょうか。

関連ページ

デジタルサイネージをご存じですか
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
デジタルサイネージの仕組み
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ローソンのデジタルサイネージ
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
イオンのデジタルサイネージ
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
病院のデジタルサイネージ
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
屋外のデジタルサイネージ
デジタルサイネージのコンテンツ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。