デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージの仕組み

前回まで3回にわたりまして、デジタルサイネージを利用することのメリットをお話してまいりました。

 

さて、ところで、このデジタルサイネージですが、果たしてその装置自体はいかなる仕組みになっているのでしょう。

 

今回は、そのあたりのお話を通してみましょう。

 

では、最も目につき易いデジタルサイネージの画面ですが、その大きさはちっちゃなものから巨大なものまでさまざまです。

 

例えば、ビルなどの壁面を飾り付けるような大型のサイズもありますし、ちっちゃなものですと、自動販売機の小窓にデジタルサイネージが表示されている場合などでしょう。

 

実際ちっちゃな小窓ではありますが、飲料などをご購入のお客様にとっては、会心宣伝効果が出ているのではないかと思います。

 

また、突っ切る人々にとりましても、幾らか気になる映像が流れていたりすると、足を控えることにもなりますね。

 

そうして、デジタルサイネージのデジタル通信だが、これは公衆回線などを使用して広告の配信元から表示情報を引き揚げ、必要であれば動作確認を立て直すという形をとっています。

 

デジタルサイネージにおいて、最も肝心要の部分と言いますと、さすが画面の部分だと思いますが、この部分はLEDやLCD、プラズマディスプレイ、映像プロジェクタなどにより、静止画や動画をカラーで表示させることが可能となっています。

 

静止画や動画の情報を保持している部分は、コントロール部であり、通信制御部や映像表示制御部とともに、記憶装置を備えています。

 

 

 

デジタルサイネージの種類

デジタルサイネージについて、だいたいのところはご理解いただけましたでしょうか。

 

ところで、このデジタルサイネージ・・・種類分けをすることが出来ます。

 

と言いましても、現在のところは2種類しか分けられませんが、ひとつは「スタンドアロン型」と呼ばれているもので、もうひとつは「ネットワーク型」と呼ばれているものです。

 

スタンドアロン型というデジタルサイネージは、映像ディスプレイに表示させる内容を個別にコントロールすることが出来ます。

 

そうして、もうひとつのネットワーク型というデジタルサイネージは、複数の映像ディスプレイをネットワークで結んで、配信する内容を集中的にコントロールすることが出来ます。

 

どちらのタイプであっても映像や音声による広告表現が出来ますし、従来の広告とは変わり、一層人目に付く可能性が上がるという点では同様であると言えるでしょう。

 

ただし、一段ときめ細やかな広告の掲出や配信などにおきましては、ネットワーク型のほうが優れていることになります。

 

両者とも、従来の広告に比べますと時代に即していますし、秀でていることには変わりありませんが、広告を掲載できる場所においては、今のところ従来の広告に対して劣っているでしょう。

 

紙などの広告は、概してどこにでも掲載することが可能ところが、デジタルサイネージの場合にはそれほどはいきません。

 

グングン時代が進めば、今よりも更にさまざまな場所で見掛けることにはなるでしょう。

 

 

 

広告以外の可能性

デジタルサイネージは広告媒体のひとつであるということで、ここまでお話して参りました。

 

ですが、デジタルサイネージのメリット、その他を知ればわかるほど、広告だけでなく一層他の部分でも使ったら一段と便利そうなのに・・・という気がしませんか。

 

現に、デジタルサイネージは、空港や駅で案内版などとしても使用されていますし、ホテル内におきましてもコンシェルジェという案内あるいは相談ツールなどとして、いまや使用されているのです。

 

二度と、スーパーマーケットなどでは販売している食品の価格をデジタルサイネージによって押し出すなどしていますし、金融機関におきましては、株価情報などを表示してお客様に見てもらったりしています。

 

これらも全てデジタルサイネージです。

 

このようなものであれば、ご覧になったことがあることに気付くかもしれませんね。

 

他にも、大きめの会社でしたら社内の連絡ツールとしても使われてきていますし、病院や学校などにおきましてもさまざまな情報を共有するツールとして使用されつつあります。

 

また、特に目新しい試みといたしましては、街の中に空間斬新な存在として、デジタルサイネージを設置するということもありますし、公共の空間内において緊急情報を押し出すなど、公的な利用も進みつつあるところです。

 

デジタルサイネージの可能性は無限大という感じですね。

 

これまでTVCMに頼ってばかりいた広告主でさえ、デジタルサイネージをはじめとした他の広告媒体に注目し始めています。

 

未来が楽しみですね。

 

 

 

デジタルサイネージの価格(1)

非常に現代的で便利な広告媒体デジタルサイネージですが、それを自分の店舗などに設置するには、いったいどの程度の金額がかかるとお思いですか。

 

ともかく、このような広告媒体ですとピンからキリまで多々あるというのがふさわしい答えとなるでしょう。

 

でも、わざわざ、だいたいのところをお話してみたいと思います。

 

ほんとに、何と言いましても金額が高いのはディスプレイでしょうか。

 

但し、これもまた大きさによって千差万別なので、一概には言えません。

 

随分大雑把な目安として、32インチ程度なら40万円前後程度からあるようです。

 

また、ディスプレイがタッチパネル方式になっているかどうかでも、また金額はなるでしょう。

 

そうして、デジタルサイネージではディスプレイに表示させるための広告が必要ですよね。

 

ディスプレイなどは、金額が嵩んだとしても最初の一度だけ必要な金額ところが、広告は新たにやりなおす必要があります。

 

ですから、ほとんど製作費がかからないものが望ましいですが、その広告のクオリティの問題がありますから、そこで大幅に節約するのも考えものですね。

 

広告のためのデジタルサイネージのはずが、広告制作費をケチるのはいけません。

 

広告制作費も必ずピンキリなのですが、静止画の映像ですと、総じてどのくらいなるかと言いますと、最低でも2万円は見ておいた方が良いでしょう。

 

スライド画像となりますと最低でも5万円程度は見ておくべきですし、動画となりますと最低でも10万円程度は見ておいた方が良いと思います。

 

 

 

デジタルサイネージの価格(2)

ご自身で何らかの店舗などをお持ちの場合、デジタルサイネージはディスプレイを含めた機材全てを揃えなくてはなりませんが、例えば、大変喜ばしい設置場所にありますデジタルサイネージの広告枠を購入する・・・というやりかたもあります。

 

わかりやすい例として、都内を走っている電車内に設置してあるデジタルサイネージ「トレインチャンネル」を挙げてみましょう。

 

都内にいらしたことのないかたや、依然としてご覧になったことのないかたに簡単にご説明いたしましょう。

 

トレインチャンネルとは、乗客に見て貰うために、電車内にちっちゃなテレビ画面もののものがついていて、なのでさまざまな広告ですとかワンポイント英会話などを流しているのです。

 

あるとけっこう退屈しないですみますね。

 

この、トレインチャンネルの枠を、購入して、自社の広告を流して買うということが可能です。

 

トレインチャンネルのサイトから引用させていただきますが、例えば、トレインチャンネルに押し出すスポットCM15秒間を1週間単位で販売していますが、その価格は、上期360万円、下期390万円、オプション30万円と設定されています。

 

オリジナル番組提供型という設定もあり、これですと、13週間単位で上期6800万円、下期6900万円という設定になっています。

 

女性専用車のトレインチャンネルに60秒間のCMを2週間押し出すとすれば、上期110万円、下期110万円、オプション無しという設定になっています。

 

今回は、わかりやすいデジタルサイネージとして、トレインチャンネルを例にとってみましたが、他にもこのようなシステムで広告枠を販売しているケースが多いですから、やっぱり自社店内に設置望むということでなければ、このような方法も良いですね。

関連ページ

デジタルサイネージをご存じですか
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ローソンのデジタルサイネージ
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
イオンのデジタルサイネージ
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
病院のデジタルサイネージ
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
屋外のデジタルサイネージ
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
デジタルサイネージのコンテンツ
デジタルサイネージの仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。