クラウドサービスとは

クラウドサービスとは

近年よく耳にするようになった「クラウドサービス」という言葉。

 

「クラウド」とはその名の通り「雲」を意味しています。

 

インターネットなどを扱うネットワーク環境の図を表すときによくこのクラウドサービスが使われます。

 

雲のように一面に広がっていてネットワーク上のどこにデータのリソースなどがあるかよくわからない状態で、ほとんど意識することもなくネットワークにアクセスできる環境のことを「クラウドコンピューティング」と呼びます。

 

そうしてこのクラウドコンピューティングとして提供するサービスのことを「クラウドサービス」と呼んでいるのです。

 

 

当社一般人が利用できるクラウドサービスは、通常インターネットを通じて提供されて現れる各種サービスを指しています。

 

デジタルカメラなどで撮影した写真や動画、メールなど昔は自分のパソコンのハード上に保管しておくことが自然でした。

 

ただしそれはクラウドサービスを利用することで、ネットワーク上に保管することができ、いつでもどこのパソコンからでも閲覧、取り出しが可能になったのです。

 

他にもエクセルやワードなどのオフィス、アプリケーションもクラウドサービスを通じて提供しているだがあります。

 

 

今まではCDなどから自分のパソコンに使いたいソフトのアプリケーションをインストールしてからそのパソコンで取り扱うことができました。

 

ただしそれがパソコンに逐一ソフトをダウンロードしなくても、すべてネットワーク環境にアクセスすれば扱うことができるのです。

 

こうすることで、ダウンロードする手間がないだけではなく、パソコンの容量をとられないので、容量オーバーになることもなくなります。

 

 

 

種類

クラウドは大きく2種類に分類されます。

 

ひとつめは各企業が社内のネット環境だけにクラウドコンピューティングを導入してシステム構築を行ない、独占的にサービスを受けるという「プライベートクラウド」。

 

主に企業が社内のデータ管理を行うためやシステム業務を構築するために使われます。

 

もうひとつは不特定多数の企業やユーザーがクラウドコンピューティングを一緒に使う「パブリッククラウド」です。

 

企業が仕事目的に扱うことは勿論のこと、オンラインストレージやWebときのメールのやりとりなどを個人が取り扱うなど個人から企業まで色んな形態で取り扱うことができるクラウドサービスです。

 

 

以上のようにクラウドサービスとは、1つの言葉ですが2種類のクラウドがあり、おんなじ企業利用でも個人のプライベート利用と大勢のパブリック利用でも扱うことがありえます。

 

このようなことからクラウドサービスの定義自体がひとつにまとめっておらず、利用者が混乱をきたす理由ともなっています。

 

 

クラウドコンピューティングやクラウドサービスという言葉は2006年にGoogleのCEOが言い始めた言葉だとされています。

 

但しクラウドサービスに含まれるオンラインストレージとかWeb上のメールなどはクラウドサービスが存在する前からあったものです。

 

つまりクラウドサービス自体は目新しいサービスではなく、今までにもあったネットワーク上のサービスを総称して呼んでいるのみ。

 

 

 

メリット

真新しいサービスではなく従来からあったものをクラウドサービスとしているだけなのに、なんで最近クラウドサービスに注目が集まっているのでしょうか。

 

人気の理由はいくつかあります。

 

一番大きな理由は会社でも自宅でも1人1台パソコンを持つ時代となったこと。

 

そうして個人でもブロードバンドや無線LANを通して積極的にインターネットを使うようになったこと。

 

それによって自宅や外などでもいつでもどこにいてもネットにアクセスできる環境が作られたことが挙げられます。

 

このような環境整備がされたことで、クラウドサービスが使いやすくなった、利便性があがったことがユーザーを足しました。

 

そうしてクラウドサービスに提供される各種サービスもずっと新しいものが登場して、注目を寄せるようになったのです。

 

 

クラウドサービスを使うことで一般ユーザーが得られるメリットはいくつかあります。

 

それでは、自分のパソコンからだけではなく外や会社など不特定多数のパソコンからでもデータにアクセスすることができ、自宅のパソコン環境と同じ状況で操作ができることです。

 

最近はとりわけスマホが広まって携帯電話からでもパソコンと同じようにwebのデータやファイルにアクセスできます。

 

2つ目のメリットとしては、パソコンの容量が少なくても素晴らしいということです。

 

従来はパソコンにたくさん容量が空いていないとソフトもダウンロードできませんし、写真やデータも保管するのに数に限りがありました。

 

イコールwebに保管できるため、パソコンの容量は多少なりとも大丈夫なのです。

 

3つ目のメリットとしては、バックアップの代わりに至るということです。

 

仮に自分のパソコンが壊れてしまったとしても、データや写真などはすべてwebにあるため消え去ることはありません。

 

クラウドサービスを利用する最も大きなメリットだと思います。

関連ページ

クラウドサービスの代表例
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
クラウドサービスの本質
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
Google
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
アップル
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
歴史
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
3つのクラウドサービス
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ソーシャルグループウェア
クラウドサービスとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。