WiMAXのバッテリー持続時間モバイルWi-Fi

WiMAXのバッテリー持続時間

家庭内での固定の通信回線の代わりにWIMAX2+を使っているという人は結構多くいます。
家庭内での使用であれば常に充電することが可能なため、バッテリー残量を心配する必要はありません。

 

それとは打って変わって、外出先で使うことを考える場合はバッテリーがどれくらい持続するのかというのは大変大きな課題です。

 

どうしても充電場所が見つからないという時は、WIMAX2+をスマホで使われるような持ち運び型の充電器を持っているのであればバッテリーを回復させることはできます。

 

多くのWIMAX2+端末は充電せずに使い続けても約10時間以上はバッテリーが持続するので、外へ持ち運ぶ場合でもあまり心配する必要はありません。

 

しかし、端末の画面が暗転している状態の時はバッテリーを消費していないわけではなく、通信回線が接続されているのであればバッテリー残量は着実に減っていきます。

 

WIMAX2+端末の機種によっては消費バッテリーと抑える設定もできたりするので、持っている端末を一度確認してみましょう。

 

また逆に、WIMAX2+を持ち運び用のバッテリーの代わりとして使うことでスマホを充電することもできます。

 

スマホにWIMAX2+端末を繋いぐと、端末の画面に「給電」と「給電+通信」という2つの項目が出てくるのでどちらかを選択しましょう。

 

日常の外出程度の時間であればWIMAX2+端末のバッテリーは十分な程に対応できるため、通信回線に繋ぎながらも問題なくスマホを充電することができます。

 

また、上記のようなスマホへの給電を手助けする機器としてHuaweiの給電用変換ケーブルというものがあり、これを使うことによってandroid端末などのスマホだけでなくiPhoneを充電することも出来るようになります。

 

その逆であるスマホからWIMAX2+端末への充電というのは出来なくはないですが、それについての案内は公式は何も明記していないため、よほど困った状況のときでない場合は積極的には行わないようにしましょう。

 

記事の参考とさせてもらいましたブログはこちらです。「SoftBank Air3」と「L01s」はどっちが優秀?比較した結果はいかに・・・・WiMAXおすすめプロバイダ!お得に契約できるのは!

 

 

関連ページ

Wi-Fiモバイル(mobile)の基礎知識
WiMAXのバッテリー持続時間、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
Wi-Fiモバイル(mobile)の将来
WiMAXのバッテリー持続時間、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
モバイル(mobile)Wi-Fiコース
WiMAXのバッテリー持続時間、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
お薦めのモバイル(mobile)Wi-Fi
WiMAXのバッテリー持続時間、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。