大型テレビと地震対策ワイヤー

大型テレビと地震対策ワイヤー

地震対策のためのワイヤーは大型テレビを購入した時に箱の中に同梱されているはずです。
やはり、ワイヤーではなくベルトや紐の場合もあるでしょう。
いずれにしても、それらを使って壁面に大型テレビを固定するのです。
これが地震対策の基本です。
ただ、壁面が倒壊するような大きな地震に見舞われた場合には十分な地震対策とはなりません。
そんな場合には家中がめちゃくちゃに壊れているはずです。
大型テレビだけのことではありませんから、諦めるしかないでしょう。
ところでワイヤーでどのくらいの振動に耐えることが出来るのでしょうか。
壁面に固定するためのワイヤーは1か所では不十分です。
大型テレビの根元部分と画面の四隅をそれぞれ別のワイヤーで固定する方法が一番確実です。
出来ることなら壁面との間に隙間がないようにするといいですが、構造的に無理があります。
また、女性が情けない力で適当に接続していてもさほど効果は期待できません。
設置工事を通している業者にしっかりと依頼しておきましょう。
その方が安心です。
賃貸住宅であれば、壁にネジを取り付けたりすることができない場合もあります。
そのような時のために粘土ものの商品が販売されています。
壁とテレビの間の隙間に取り付けるだけでかなりの強度を保つことができます。
大型テレビの振動を削るには根元部分を固定することが一番だと言われています。
安定したテレビの前で安心して番組に集中できる環境を整えて下さい。

 

 

大型テレビの危険とは

大型テレビと地震対策ワイヤー

 

大型テレビが危険だと言われて、何を思い浮かべるでしょうか。
テレビ局の内容や視力の低下が危険かもしれません。
ただし、再び危険なのは地震です。
不十分な地震対策で大型テレビを設置していると、振動で倒れて近くにいた人が怪我をすることになるのです。
当然ですが、大きい分だけ重量も重くなっています。
いくら薄型になっても、それは避けられないことなのです。
自宅に置いている家具や家電製品から自身を続けることは自分の責任で行わなければなりません。
人に言われてすることではないのです。
具体的に大型テレビの地震対策とは何でしょうか。
一番ポピュラーな方法はベルトや紐などでテレビの根元部分を壁に固定することです。
ベルトが切れない限り、テレビは壁から降りることはありません。
万が一、台座が斜めになったとしてもテレビ本体の転倒を避けることができます。
何もしなければ簡単に転倒してしまうことでしょう。
壁に整えるためのネジは賃貸住宅では使用できない場合も少なくありません。
そこで登場するのがジェル状の商品です。
粘土細工のように根元の部分をテーブルに固定します。
この場合はテーブルが転倒すると、テレビ本体は転倒しやすくなってしまいます。
ただ、中程度の地震では十分な強度を保つことができます。
大型テレビだけが危険と言うわけではありません。
食器棚や大型の家具にも注意しなければならないのです。
家の中を見渡してみましょう。
地震が起きてからはのろいのです。

関連ページ

大型テレビの特徴
大型テレビの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策
大型テレビの被害、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策とは
大型テレビを長く使う、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策をする
大型テレビと振動、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの設置
大型テレビの固定、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビとガムロック
オススメの大型テレビ地震対策、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの転倒防止
大型テレビと防災、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの対策
大型テレビの落とし穴、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビでの怪我
大型テレビから身を続ける、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。