大型テレビの転倒防止

大型テレビの転倒防止

大型テレビの転倒防止を考えてみましょう。
やはり、地震対策ですが、子どもが小さければ寄りかかって転倒させて仕舞うこともあるでしょう。
地震が来る前に大けがをしてしまうことになるのです。
テレビの地震対策は画面サイズが大きくなってきたために、重要視されるようになってきました。
つまり、大型テレビは重量が重くなっているのです。
勿論、昔のブラウン管テレビと比べばかなり軽量で薄型になっています。
その分サイズが大きくなっていますから、トータルで考えればよく貫くのでしょう。
液晶画面の表面はガラスになっていますから、転倒すれば確実に怪我をします。
子どもやお年寄りであれば大怪我をしてしまうのです。
テレビの架台が壊れてしまうような地震であれば対策できないかもしれませんが、その時は家の中がめちゃくちゃになっているはずです。
大型テレビの地震対策は重要ですが、それほどは不十分でしょう。
家の中を見渡してください。
転倒しそうなものがたくさんあるはずです。
地震対策のためのサイトなどを参考にして、自宅の危険な場所やものをチェックして下さい。
箪笥や食器棚など、簡単に転倒するのではないでしょうか。
大型テレビはその一つに過ぎないのです。
ただ、大型テレビを購入したのは最近のことだから、地震対策はメーカーとしても考慮しています。
つまり、10年以上前に購入した食器棚よりも大型テレビの方が倒れづらいのです。
でも何もしなければ不安ですから地震対策をするのです。

 

 

大型テレビと防災

大型テレビの転倒防止

 

日本で防災と言えば地震対策をイメージする人が多いでしょう。
やはり、津波や水害なども防災対策を考えなければなりません。
ただ、家の中の地震対策は個人で思い当たる範囲です。
自分ができる防災として家具や家電製品の地震対策を検討しなければなりません。
大型テレビが安価になってきているため、とうに大型テレビを購入している家庭も多いでしょう。
ちっちゃなテレビよりも心配は高くなりますから、十分な地震対策をしなければなりません。
食器棚や箪笥は天井から補強することが一般的です。
大型テレビも本体に穴があいてあり、天井や壁との間で紐を取り付けられるようになっています。
壁は振動するとしても倒壊することがないと考えれば、壁と一体化することで地震対策は十分でしょう。
わずか大型テレビの地震対策と考えるのではなく、自分が如何なる防災を通しておけばいいかを考えることが重要です。
つまり、防災意識を決めることです。
毎日の生活の中で大型テレビが倒壊することをイメージするのは難しいかもしれません。
ただし、過去の地震を教訓とするためにも、多くの知識を頭に入れておきましょう。
現にという時に如何なる行動を取り込めるかが命の分かれ目となるかもしれないのです。
このようなことを大げさすぎるとしているなら、地震対策をしなくてもいいでしょう。
ただ、家族の誰かが大型テレビの下敷きになって命を落とすことのないようにしておくべきです。
安心して生活できるのが自宅なのです。

関連ページ

大型テレビの特徴
大型テレビの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策
大型テレビの被害、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策とは
大型テレビを長く使う、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策をする
大型テレビと振動、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの設置
大型テレビの固定、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビとガムロック
オススメの大型テレビ地震対策、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの対策
大型テレビの落とし穴、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビと地震対策ワイヤー
大型テレビの危険とは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビでの怪我
大型テレビから身を続ける、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。