大型テレビの地震対策をする

大型テレビの地震対策をする

大型テレビはきれいな映像を表示出来ることがメリットですが、そのサイズのため地震対策が必須です。
具体的な地震対策について説明ください。
確実な方法は本体上部や下部に設けられた固定用の穴を利用することです。
壁や天井との間を紐でつなぐのです。
地震が来ても壁が壊れない限り、しっかりと立っていることでしょう。
注意しなければならないのは賃貸住宅で壁に釘を取り組むことでしょう。
さすが、跡が残りますから、禁止されている物件も少なくありません。
他の方法としては、突っ張り棒を天井との間に挟み込むことでしょうか。
大型テレビ専用の突っ張り棒も販売されています。
ただ、この棒は横方向への圧力に弱いですから、硬い地震が起きると十分な対策にはならない可能性もあります。
そうしてさほどの方法として、ジェルがあります。
粘土という材料で大型テレビの根元の揺れを抑えてもらえる。
当然、長時間の揺れは対応できないことでしょう。
いずれにしても、何もしないは危険です。
大型テレビは薄くてもかなりの重量があります。
50型では30キロ以上の重量がありますから、子どもたちが近くにいたとしたら間違いなく下敷きになってしまう。
大型テレビのメリットばかりを考えるのではなく、地震対策も確認してください。
当然のことだが、テレビだけではなく箪笥や棚などもしっかりと地震対策をしておきましょう。
東北地震や熊本地震など大きな災害が起こっています。

 

 

大型テレビと振動

大型テレビの地震対策をする

 

もの体は重心が厳しくふむふむ振動に弱くなります。
家庭電化製品の中それでも大型テレビが一番不安定な印象を受けるのではないでしょうか。
勿論、大型テレビを製造しているメーカーも地震対策を考慮したモノづくりを通しています。
それは重心を薄くすることです。
根元の部分はかなりの重量がありますし、液晶画面の下の方にできるだけ部粉を配置するように工夫しています。
でも地震対策としては不十分ですから、紐などで転倒防止が出来る構造となっているのです。
ただ、詳しい横振動に対して強度を掲げることができれば、地震対策として大きな効果が期待できます。
それがジェルです。
粘土もののもの質で大型テレビの根元を補強するのです。
ジェル状ですから、ものの振動をある程度まで吸収してくれます。
当然、次いで完璧ではありませんが、何もしないよりも格段に強くなるのです。
インターネットで地震対策を検索してみましょう。
この他にも各種商品が販売されています。
どれを利用するかは自分で判断しなければなりませんが、複数の地震対策を練ることで相乗効果が期待出来るでしょう。
日本は地震列島と言われていますから、いつどこで地震が起きるか予想できません。
日頃から地震対策をしておくことが重要でしょう。
大型テレビだけではなく、食器棚や箪笥など厳しい家具類は確実に押さえておきましょう。
自宅にいて家具の下敷きになって怪我をした人はたくさんいます。
過去の経験を活かさなければなりません。

関連ページ

大型テレビの特徴
大型テレビの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策
大型テレビの被害、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策とは
大型テレビを長く使う、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの設置
大型テレビの固定、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビとガムロック
オススメの大型テレビ地震対策、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの転倒防止
大型テレビと防災、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの対策
大型テレビの落とし穴、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビと地震対策ワイヤー
大型テレビの危険とは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビでの怪我
大型テレビから身を続ける、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。