大型テレビの地震対策とは

大型テレビの地震対策とは

大型テレビだけが地震対策をしなければならないわけではありません。
ただ、これまで地震対策をしてこなかったけれども、これからはしなければならないのが大型テレビなのです。
つまり、これまでのテレビはブラウン管でしたから、奥行き方向にかなりのスペースを確保していました。
転倒することはなかったのです。
但し、大型テレビの登場は液晶画面の普及と同時期ですから、薄型の大型テレビとなったのです。
形状的に振動に弱いことは明白でしょう。
勿論、メーカーもそれを放置しているわけではありません。
本体の四隅にはワイヤーを備え付けるための穴などを設けています。
ただ、正に地震対策をするのはユーザーです。
自分で地震対策ができないなら、テレビを運んで買う時に依頼しておかなければなりません。
自己所有の家ならば、釘を打つことを気にしなくていいですが、賃貸住宅の場合は釘が打てないかもしれません。
そのような時のために下方向から助けるグッズも販売されています。
いかなる地震対策が出来るのかをしっかりとして下さい。
大型テレビが薄くなったとしても、その重量はくれぐれも弱くありません。
30kgを超える商品もたくさんあります。
男性それでも自ら持つことができないのです。

そういうテレビが自分の方向に倒れて生じることを想像してみましょう。
子どもならひと留まりもありません。
テレビが破損することよりも自分たちの身に危険が及ぶ可能性があることを考えましょう。

 

 

大型テレビを長く使う

大型テレビの地震対策とは

 

テレビの画質はサクサク良くなり、多くの家庭では大型テレビを購入するようになってきました。
そこで問題となるのが大型テレビの地震対策です。
見た目からわかるように揺れに対して弱くなっていることは間違いありません。
無論、メーカーも地震対策として出来るだけ重心が下になるように足部分を重たい材料で構成しています。
また、薄型になったことで全体の重量も軽くなりました。
50インチの大型テレビも40kg未満となっています。
大人の男性であれば、地震で下敷きに罹ることはないでしょう。
ただ、子どもやお年寄りにとってはかなりの重量ものです。
大型テレビは全体的に安価になってきているとしても、気軽に払えるほど安くはありません。
大事に使っていきたいものです。
地震対策だけではなく、安定した設置を考えておかなければなりません。
テレビ業者にしっかりと固定するよう依頼しておきましょう。
テレビ本体の寿命が来るまでには10年以上の余裕がありますから、もの理的に傷ついて映らなくならない限り、使い続けることができます。
地震対策については、最近の大型地震に対する不安から、テレビ以外にも固定などをしている家庭ばっかりでしょう。
家庭で簡単に出来る対策と業者に依頼しなければならない対策があります。
如何なる方法を食するかを十分検討しておかなければなりません。

大型テレビを置く場所を決めたら、そこから移動させることは現実的ではありません。
大切に使うようとして下さい。

関連ページ

大型テレビの特徴
大型テレビの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
大型テレビの地震対策
大型テレビの被害、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。