大型テレビの地震対策

大型テレビの地震対策

大型テレビは何もしなければ地震で簡単に倒れてしまうことは誰でも容易に理解出来るでしょう。
本当は大型テレビの隅の部分には地震対策のための紐などを引っかけるフックが付いています。
そのフックに垂らした紐を天井や壁に取り付けておけば、十分な地震対策となります。
ただ、賃貸住宅に住んでいると、壁にネジを取り付けたりすることができませんから、別の方法を考えなければなりません。
それは大型テレビの足の部分にジェル状の瑞々しい材料で固定することです。
これは地震対策として効果がないような気がしますが、振動試験でいとも有効であることがわかっています。
振動してテレビが台座とずれて出向くのを抑えてくれるからです。
やはり、台座ごと転倒してしまえば意味がありません。
大きな地震が起きることを想定して、複数の地震対策を講じておくことをオススメします。
テレビが転倒して、その下敷きになった場合には子供や高齢者は間違いなく大怪我となります。
また、表面の液晶の破片が皮膚に食い込むかもしれません。
このような状況を想像するだけで、怖くなってしまいます。
地震列島日本ですから、いつ大地震が起きるかわかりません。
非常時に備えておくことが人間に出来ることです。
そのために大型テレビの地震対策は基本です。
インターネットで調べてみると具体的な商品などが掲載されています。

電気店で問い合わせするのもいいでしょう。
何もしていないのであれば、即刻地震対策を考えて下さい。

 

 

大型テレビの被害

大型テレビの地震対策

 

地震が発生すると大型テレビはどうしてなるでしょうか。
間違いなく転倒するでしょう。
テレビが壊れることはもちろんですが、その下敷きになって仕舞う恐れがあることを考えておいてください。
無論、テレビのサイズは様々ですから、すべてが大きな被害となるわけではありません。
ただ、一般的に大型テレビと言われているのは40型、50型程度のサイズです。
これらは液晶画面で薄くなっていますが、重量はそんなに気持ちよくありません。
小さくなった分だけ倒れ易いのです。
地震対策をしておかなければ安心してテレビを見ることできないでしょう。
具体的な地震対策はいくつか考えられますが、一つだけでは不安ですから、複数の地震対策をしておくことをオススメします。
ワイヤーで天井からひっぱることと、足の部分をジェル状の製品でまとめることです。
近年の地震で大型テレビがどのような状況になったかはインターネットで調べることができます。
製造会社もそのための対策によって製品を改善しています。
説明書にも書かれているかもしれませんが、どのような地震対策をするかはユーザーが決めなければなりません。
大型テレビの転倒がこわいのであれば、どうしても地震対策をしておきましょう。
又は、小型のテレビで我慢することです。
技術の進歩によって家電品は便利になっていきますが、その陰で別の問題が発生することもあると認識しておかなければなりません。

あなたの家のテレビはどうでしょうか。
即時地震対策をください。

関連ページ

大型テレビの特徴
大型テレビの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。