生活苦だからといって安易に借金はしないこと

生活苦だからといって安易に借金はしないこと

生活苦だからといって安易に借金はしないこと。
変な話かもしれませんが借金を無意識につくってしまうことは避けたいですね。
これだけは治めることです。一体全体家計簿だからといって自分で自由にスキ勝手に計算を書き換えてあとから後悔する結果を自分に返しても意味がありません。
日常生活で自分が困らない程度に騙かす人もいます。それがあとから恐怖になって跳ね返ります。
財布の中に1万円あるから明日も大丈夫とか「今日は一日あそべる」といって考えずに弁当を貰うとかコンビニで買いものをするとかの行動をとると2日後にはお金を無くします。
早かったら1日で金欠になります。その1日の金欠を逃れるために自分からお金をつぎ込みそうなところに近づかないようにして回避します。
お金を使う自動販売機やコンビにやATMに絶対に近づかないのが一番近道です。その行動療法だけで多少の緩和を得ることができます。
車やバイクでコンビにとかATMに近づかないようにして買いものをしないようにします。本当はほしいけど我慢して買わないようにします。
そんなにすると少しずつ違いが出てきて多少の気持ちの変化もうまれます。経済的な事情でやむをえないときは仕方ありませんが自分から進んで行動をなおすように努力して下さい。
一般的な計算がズレる原因には生活の事情が大きすぎてお金に余裕がなくなって仕舞うことがあるそうです。
それは本人の生活の中身をちゃと書き換えて行く(行動をなおして行く)ことからはじめないと終わりはきません。

 

 

家計簿を他人にまかせても何の得にもならないです

生活苦だからといって安易に借金はしないこと

 

家計簿を他人にまかせても何の得にもならないです。
家計簿は人にまかせたり人にあげて遣わせても説くにはなりません。
自分の思ったとおりの数字が出ないことや考えた生活の流れにならないからといってイライラしても何の得にもなりません。
練る必要はどこにもありません。考えるのではなくて「自分ルールを続ける」ことなのです。
自分で考えたルールをしっかりと自分で守れるかどうかに焦点を当てましょう。自分が管理しているなら責任は自分にあります。
自分で責任を最後まで持てるような大人なんだから「ごつくない考え方」で計算して「かならず1日〜31日まで毎日記帳すること」です。
ひごろから数字に目を通す日課を身に付けて自分の数字を自分で徹底的に管理することが望ましいと思います。
その数字の管理のしかたには一般的には知られない努力があります。何もかも間けれども思いのままに数字を動かしても結果はうまくいきません。
社会参加と労働で給料を得るところからスタートです。給与明細にもしっかりと目を通すだけではダメです。
自分の1年後〜2年後の生活にどのくらい影響するのかを考えて数字を当てはめていきます。
少なからず事情のある人ならその金額の計算に戸惑うこと無く実現出来ると思います。計算は頭でするのはやめて紙に書き出しましょう。
それも無理ならパソコンや電卓においても問題はありません。いかがですか。ひと度、自分の家計簿を0円からスタートさせてみるのもいいかもしれません。

関連ページ

家計簿管理の基本とルールを自分でつくる
家計簿管理徹底法を実践するまえに決めることはなにか、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
家計簿管理の方法に必ずや生じる課題
最低限度の生活を守りながら軸を崩さずに家計簿をたてる、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
日常生活で苦戦するかもしれない計算と管理方法の不安
意識は一般的なそれを超えて家計簿に集中させましょう、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
病的な理由でお金の管理ができない人にも家計簿は作れます
ほしいものがあっても買わないのは家計簿を壊す原因になります、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。