世帯別の年間節約電気料金

世帯別の年間節約電気料金

2016年、新たに導入わたる「電力解除」。
多くの企業が電気を譲ることができるようになり、企業間の競争が激しく至るため、消費者側は電力をこれまでよりも安く購入することが出来ます。
全国で約100もの種類が提供されるため、いったいどの種類に加入するのが一番良いのかわからない方がほとんどなのではないでしょうか。
ここを疎かにしてしまっては、もう一度電気料金を安く抑えられるはずなのに激しく払って仕舞う事になりかねません。

 

では、電力解除により、大体年間でどのくらいの節約ができるのでしょうか。
世帯特別見ていきましょう。

 

新電力は、とりあえず節約を目指しているため、1〜5%ほど値下げされると思われます。
これは平均であって、10%値下げの所もありますし、入れかえたことによって値上げしてしまう場合もあります。
よく比較をするようにしましょう。

 

では、一律5%節約できるとして見ていきます。
ひと度、1人世帯の場合。
今の年間電気代が50388円だった時、2519円安くなります。

 

2人世帯で111300円だった時は、5565円節約出来ることになり、3人世帯で130188円だった場合は、6509円安くなる計算になるのです。
単に5%でも、そうして見るといとも大きな額に繋がることが分かります。

 

ただ、1人世帯とオール電化の家庭は値上げしてしまうケースが多いので、種類は慎重に選ぶようにください。
賢く電力解除において、電気料金を削減していきたいですね。

 

 

北海道の電気料金

世帯別の年間節約電気料金

 

電力解放により、様々な会社から電力を貰うことができるようになりました。
競争も著しく、ずっと独自のサービスが提供されています。

 

どっちみち電力を貰うのなら安っぽい会社からが良いですが、北海道の電力事情はどのようになっているのでしょう。
都道府県の中でとにかく大きい面積を覚え、546.5万人という全国で8番目の人口です。
有名な農業や畜産に加え、たくさんの大規模な工場を携帯しているため、総消費電力が全国で比較してみても多めなのが特徴。

 

北海道は寒さに酷く、とにかく冬場の暖房で電力を大幅に消費しがちです。
全国の家庭用電力料金を比較した場合、10社ある中でやはり良いのは「北海道電力」になります。
北海道電力は震災後、2度にわたる電気料金の値上げがされました。
それにより、他社を抜いてとにかく料金が高くなってしまったわけなのですが、全国的に見ると26番目に安っぽい料金ということで、決して安いでしょう。

 

また、北海道の寒さは電気だけでは補えないため、ガスに頼る家庭がほとんどです。
都市ガスとプロパンガスを含んだガス料金は、全国で最も安い値段となっているので、こちらを中心に使用するようにすると電気料金を安く抑えられるでしょう。
更に灯油を利用すれば、もっと安く収まります。

 

北海道は寒いということで他県よりも電力を消費しがちなように思えますが、じつはそんな事はありません。
寧ろ、少ないほうでしょう。
多くある会社から電気料金を比較し、できる限り出費を抑えられるようにしたいものですね。

関連ページ

九州電力のサービス
中部地方の電気料金比較、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
エネチェンジ
エネチェンジの料金プランシミュレーション、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
地域新電力とは?
青森県の電気料金、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
置きかえできない地域
岩手県の電気料金、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
電気料金が短い電力会社
宮城県の電力について、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
キャッシュバックによる比較
茨城県の電力について、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ポイント還元のある電力会社
群馬県の電気事情、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
夜間割引の種類について
比較するなら価格.com、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
電気とセットでお得にする
関西エリアの電気料金、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。