九州電力のサービス

九州電力のサービス

「電力解禁が始まったけど、一体どこの企業から供給すれば良いのかわからない」「そもそも電力解禁っていかなる制度なの?」など、このような疑問を抱いている人は多いかと思います。
電力解禁は、各社が介入し、競争によってお得なサービスやサービスが展開されるようになるため、それらからスキなところを買える消費者側としては、思い切り美味しい制度なのです。

 

小売事業で全国展開を願う新電力や、大手電力会社など、多くの企業から一つを選んで電力を購入しなければなりませんが、全て電気料金やサービスが異なるため、実に困難ことでしょう。
そこで今回は、九州にお住まいの方にぜひお進め望む「九州電力」のサービスについて紹介していきます。

 

九州電力には、これまでと同じような従量電力のサービスもありますが、では前と変わりありません。
九州電力は、時間ごとに分けたお得な電気料金プランを提供しているのです。

 

たとえば「電化でナイト・セレクト21」というサービス。
これは、21時から7時にかけて、電気料金が安くなります。
そのぶん、ほかの時間帯は割高に設定されていますが、その時間帯にそれほど電気を利用しない人にはピッタリのサービスです。
夏だけ、冬だけ、と季節も選べ、このプランが適用される曜日も選択できます。
自分のライフスタイルに合わせられるため、効率よく電気料金を削減出来るのです。

 

この他にも、特徴の違う様々なサービスが用意されています。
それぞれ比較して、自分のライフサイクルに合うサービスを受けましょう。

 

 

中部地方の電気料金比較

九州電力のサービス

 

「できる限り低い電気料金の企業と契約しよけど、どこが一番良いのかわからない」電力解除について、このような悩みを抱いている人も多いのではないでしょうか。
いくら乗り換えができると言っても、いくつもある企業から一つに絞るなんて結構一大ことですよね。
ましてや、どんどん種類も選択するなんて気が遠くなりそうな話です。

 

そこで今回は、中部地方にお住まいの方にお勧めの電力会社をいくつかご紹介ください。

 

本当に一つ目が「Loop」です。
四人世帯の場合、10439円お得になります。
これほど大幅に電気料金を削減できるところは他にはないでしょう。

 

次に「エネワンでんき」です。
四人世帯で、8952円ほど削減することが出来ます。
ただ、独力世帯の場合は契約することが出来ないので注意しましょう。

 

次に「HTBエナジー」です。
四人世帯で7504円電気料金を節約することが出来ますよ。
独力世帯だときちんと大きな額にならないことがほとんどですが、HTBエナジーでは独力世帯で2520円削減と、群を抜いています。
独力世帯の方はHTBエナジーに契約すると良いでしょう。

 

中部地方それでは、多くて5%ほどの値下げが限界になります。
中部地方は、全国で見ても2番目に電気料金が安っぽいため、電力解除による大きなメリットはほとんど見込めません。

 

ただし、月に数百円の割引けれども、1年としてみると数千円お得ということになるので、正しく比較することをお勧めします。