仮想現実とゲーム

仮想現実とゲーム

2016年まさにVRの年になりました。

 

今やみなさんご存じかもしれませんが、VR機器が発表されだしています。

 

今年はこのバーチャルリアリティの年です。

 

VR進化と今年の浸透理由ですが、VRヘッドマウントディスプレイの登場が最大の理由です。

 

この進化は本当に意味のあることで、これからありとあらゆるシーンに対して登場することになるでしょう。

 

ゲーム事業だけでなく様々な分野がこの進化に目をつけ使い方の幅が広がって行くことは間違いなさそうです。

 

ここからの進化が求められますが、何とかオンラインゲームに対してVRが用いられています。

 

但し現状、実現は可能になってきましたが、引き続き複数人や大量の人口でのオンライン技術までは厳しいのが現状です。

 

今現在は少人数での参加型対戦ゲームが最大限のようです。

 

少数でのオンラインゲームでは、アクションやスポーツなどのゲームが少しずつ発表されだしています。

 

今後さらなる飛躍が期待できそうですね。

 

私たちの子供のころから考えるとありえない映像ですし、音響の幅が素晴らしい進化を遂げています。

 

いままでの1つ1つの技術の進歩と、大手製造会社さんの努力の成果なのでしょう。

 

人間の努力、考える力にはとっても驚かされます。

 

ゲーム業界は、常に目新しいものを渡し続けなければならないプレッシャーは、それは半端ではないことでしょう。

 

それに付け加え焦りと戦われていることでしょう。

 

こんな方々の努力の結晶で人を楽しませてくださっています。

 

 

バーチャルリアリティの過去

VR人気の酷い勢いがとまりませんが、そもそもVR、バーチャルリアリティはいつから初まったのでしょう。

 

この言葉自体が生まれたのは以外に少なく、1989年には、すでに誕生していました。

 

現在のできごとかと思っていましたが、以外に早い段階で進んでいたのです。

 

世界の技術、開発者は恐ろしいですね。

 

今までこの技術がどこで使われていたのか気になります。

 

それは、主に訓練に使われてきました。

 

医療の世界それでは手術の訓練。

 

職業訓練校も訓練に使われ、極め付けは宇宙飛行士NASAが訓練につかってきました。

 

考えてみたらこの技術、体験してどんなものなのかしったら、納得です。

 

訓練などにはもってこいの技術です。

 

一段と古くを喋ると、第二次世界大戦中になります。

 

パイロットの飛行操作訓練に使われていました。

 

飛行していないのに、空を飛んでいる様に思わせる。

 

これは間違いなくVR技術者の前段階でしょう。

 

ここから、NASAによる開発が進みだし進化していきます。

 

アメリカがここからVRで注目を呼び寄せだしますが、日本も負けていませんでした、日本は当時の松下電工が維持を見せます。

 

図面の寸法を量る技術に発展させました。

 

そこからアメリカ、日本で開発が進歩をとげ、色々な対応が出来るようになっていきます。

 

現在にいたるも、研究に研究を繰り返しやっとたどり着いた長い道のりでした。

 

ゲームとして気軽な遊びで流行りだしたVRでしたが、これ程長い道のりを歩んできています。

 

 

拡張現実について

VR仮想現実とよく似ているAR拡張現実をご存じでしょうか。

 

現在では注目を浴びているのはVR仮想現実ですが、AR拡張現実も十分将来性のある技術といえます。

 

ほとんどARについてちょこっと説明いたします。

 

現実の世界のものと、現実に無いものを融合させて仕舞うことをARの技術となります。

 

元々あった映像などに、もっと加えをすることにより、部分的に拡張したことが、拡張現実です。

 

実際VRとARはよく似ているため、この技術が混ざりあってしまっていることも多々あります。

 

一番この技術でARが使われているのは、スマホのカメラCG機能です。

 

画像や文字など重ね合わせをする機能もARになります。

 

本当は以外と普段から使っていることに気づいていなかった方も多いのではないでしょうか。

 

ARの使い方としては、今メインになっているのが、モバイルARです。

 

特徴も幾らかお教えします。

 

なにを拡張しているかですが、画像、アニメーション、立体オブジェクトで拡張機能によっています。

 

携帯やゲーム以外の用法としては、医療関係や体力トレーニングのシミュレーション、お仕事上の作業シミュレーションやバーチャルなどにも活用できます。

 

その他活かせる部分は幅広くあるのですが、依然認知度が低い様に思えます。

 

今後どの様に進化し発展していくのか注目ください。

 

VRと重なりあって仕舞う部分はあるのですが、違う面があることを覚えておくと今後役に経ちそうです。

 

 

VRの懸念

話題性伸びるVRですが、うれしいことばかりでは乏しいことをご存じでしょうか。

 

今回は、今話題のVRゴーグルに危険が潜んでいるコツをご紹介いたします。

 

VRの機能としては、パーフェクト機能が付き今年大流行しています。

 

各製造会社様それぞれで最新機器をどっさり開発されて販売されていますが、そこには恐れやコツがあります。

 

ほとんど、13歳以下のこどもはVRゴーグルの使用ができません。

 

リアルすぎるうえに視覚に問題が発生する可能性が高いからです。

 

子供の目や脳の発達段階では刺激が強すぎることが問題視されています。

 

このことから子供が斜視になる可能性が、大人に見比べもの凄い高くなります。

 

リアルな映像がたちまち目の前に生じ、再び遠近感もおかしくなって来る。

 

この子供の目の影響がますます悪化してしまうと、立体視の困難、視力の低下はまのがれなくなってしまいます。

 

危険はこれだけではありません。

 

脳から目へ、目から脳への影響も加わって来る、動揺病の可能性もでて来る。

 

動揺病とは、簡単には船酔いや車酔いの状態が作りだされてしまうときのことです。

 

このVRに関する状態は映像酔いといったほうがいいでしょうか。

 

低いこどもはもちろんのこと、小学校高学年それでも依然発達段階のため、仮にゲームといえど簡単に考えないほうがよさそうです。

 

斜視や動揺病に子供がなってしまったら、学校もいじめの対象になってしまう。

 

親が気を付けてあげましょう。

関連ページ

PSVR機能
VRやってみよう、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
VRどれを選びますか
VRの話題性、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。