セキュリティ

セキュリティ

ファイルを預け入れるわけですからもちろん気になるのがDROPBOXのセキュリティ面です。

 

セキュリティについてDROPBOXではどのように扱っているのでしょうか。

 

 

DROPBOXのホームページによると自己責任において立ち向かうこと、仮に情報漏えいしたとしてもDROPBOX側は責任をもたない旨が記されています。

 

再度DROPBOXの運営会社が中身をチェックして悪質なファイルやcopyright違反しているファイルなどがないか定期的にチェックをするとも記されています。

 

つまりDROPBOXのスタッフならばフォルダの中身にアクセス出来る権限があることになります。

 

ですから断じて重要なファイルは保存打ち切るほうがいいと思います。

 

仮に一向に重要な内容のものを保存したい場合は、暗号化するなどの工夫をした方がいいと思います。

 

 

DROPBOXにログインする際にはアカウントやパスワードを入力しているわけですから、セキュリティは個人がこのパスワードをどのように保管するかでも変わってきます。

 

またパソコン自体もどこでどのように保管して、パスワードなどのセキュリティ設定がどうなっているのかで状態は変わってきます。

 

結局は個人次第ということになります。

 

 

しかしながらDROPBOXは便利なので、有効活用してファイルデータを保存して個人の責任の下でうまく使っていくしかないと思います。

 

紛失、突然のアカウント削除、盗難など仮にに備えてファイルデータは別にまとめて定期的に保存しておくことをオススメします。

 

 

 

Mac

Windowsと同様にMacもオンラインストレージのDROPBOXを使うことができます。

 

Macでも同様にDROPBOXをダウンロードしたあと、DROPBOXを起動することで使用開始できます。

 

 

Mac内にインストールおわりするとメニューバーの中にDROPBOXメニューが追加されます。

 

メニューから「Open My Dropbox」をクリックします。

 

「Finder」が起動して、同期しているDROPBOXの中のファイルを見ることができます。

 

このときファイルとサーバー側のファイルを同期させるために何か特別操作をする必要はないです。

 

DROPBOXのフォルダ内にドロップするだけで同期が自動的に行われます。

 

 

同期済みのファイルはアイコンに緑のチェックマークがつくので一目で区別できます。

 

DROPBOXのフォルダ内において、コンテキストメニューを利用することができます。

 

便利な機能それでぜひ使ってみて下さい。

 

 

複数台パソコンを携帯しているとき、2台目、3台目からも共通してファイルを触りたいとき、1台目のファイルを普通に共有して扱うことができます。

 

またWinとMac間それでもファイルのやりとりが出来ることになります。

 

たとえばMacのDROPBOXフォルダ内にファイルをドロップしたら、Winの画面上からみてもおんなじファイルがドロップされていらっしゃるというイメージです。

 

データの同期も受け取れるのでデータも常に最新版なのが便利です。

 

ファイルを編集して上書きしたり保存したりするとその都度同期が始まります。

 

動作の履歴も見られて、上書きするたびの差分が全部バックアップされていきます。

 

ローカルファイルを共有するには大変便利です。

 

 

 

Portable

Portable版のDROPBOXがあります。

 

従来のDROPBOXはネカフェなどでは使えないと考えられていました。

 

それがこのDROPBOXのPortableがでて無理ではなくなったのです。

 

 

このDROPBOXのPortable版は、USBメモリー上でDROPBOXを使うことが出来る優れもののソフトウェアです。

 

USBメモリーに取り入れることで使えるDROPBOXのクライアントです。

 

はじめて起動するときだけアカウントを設定すればUSBメモリーの中にDROPBOX内のフォルダを同期することができます。

 

 

後は通常のDROPBOX同様にその開いたファイルを編集して更新すれば、フォルダ内と同期してファイルを更新してくれる。

 

USBメモリー上で使ってもパソコンにソフトをインストールしたDROPBOXと機能は変わりません。

 

サーバーにアップしてファイルを確認してなどという手間がない分USBメモリーの方が簡単に出来ると思います。

 

 

ただ注意しなければならないのは、DROPBOXの容量を無料の2GBで使用している分には意外と気にすることはありませんが、有料の50GB以上で行っている場合はUSBメモリーの容量も相当大きなものにしなければ対応できません。

 

USBメモリーを所持しているとDROPBOXのデータにまさかのことがあったときにバックアップとして使えるので便利です。

 

しかし気軽に持ち歩ける分どこでいつ落としてしまうとも限らないので暗号化しておくことをお奨めします。

関連ページ

DROPBOXとは
オンラインストレージ2、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
利便性
インストール、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ファイルの共有
ファイルの救出、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
保存前に引き戻す機能
シェア、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
Dropboxのポイント
要素、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
iPad
iPhone、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
パスワードの同期
仕組み、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
容量を繰り返す
PublicとPhotosの違い、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。