iPad

iPad

iPad版のDROPBOXもあります。

 

DROPBOXでは対応するデバイスやソフトウェアをじりじり拡大してユーザーにより身近な存在となってきています。

 

様々なモバイル機器が発売されるなか、それぞれのモバイル間でファイル同期ができどこにいてもおんなじファイルにアクセスすることができるメリットがあります。

 

DROPBOXをインストールさえしておけばiPadを使っている人は今後iTunesを同期させるときに自分宛にメール送信するなどの手間が一切なくなります。

 

従来はWindowsやMACなどのパソコン上で作ったファイルをiPadと共有することはできませんでした。

 

その都度ITunesにシンクしてから行なうという回りくどい操作が必要でした。

 

それがこのDROPBOXを使っていればiPadから直接ファイルを保存することができるのです。

 

ファイルの同期が簡単にできるようになりました。

 

またパソコンを起動していなくてもiPadからパソコンのファイルを見ることができます。

 

ファイルを見るだけではなく二度とiPadのローカル部分にも保存することができるというFavorite機能も取り扱うことができます。

 

 

iPad版のDROPBOXにはファイルを閲覧するためのツールとしてPDFや画像リーダーやWORDタイプの機能が搭載してあります。

 

Keynoteを閲覧することもできます。

 

そのため対応しているアプリで開けるように登録さえしておけば画面右上の「Open in」をタッチして対応アプリで解くことができます。

 

「Open in」は画面右横の矢印アイコンをタップすると開けます。

 

ファイルを選択した状態でiPadの画面右上の星マークをタップするだけでローカルに保存できます。

 

ローカルにデータを保存しておけばインターネットに接続することもなくデータを見ることができます。

 

大変便利な機能です。

 

 

 

iPADインストール方法

DROPBOXはiPadやiPhone、iPod touchなどに無料でダウンロードすることができます。

 

真にiPad上でDROPBOXをインストールする方法を見ていきましょう。

 

特にiPadの中で「DROPBOX」というアプリケーションを検索してインストールください。

 

インストールおわりしたら起動して下さい。

 

最初のログイン画面の下のほうに「Creat an account」と書かれているところをタップします。

 

アカウント作成画面で必要情報を入力します。

 

おわりするとパソコンの方にDROPBOXからメールが届きます。

 

メール本文に表示されている「Download and install」をクリックします。

 

ダウンロードウィンドウが表示されたら「ファイル保存」をクリックします。

 

次にファイルを「実行」して、「Install」をクリックします。

 

次の画面、iPadでアカウントは作成してあるので「I already have a Dropbox account」を選びます。

 

先程作成したアカウントを入力して下さい。

 

ハード容量を無料の場合は2GBを選択してその後の説明はすべて「Next」で進み最後「Finish」となります。

 

 

これでiPadからDROPBOXをタップして開けば、パソコンのDROPBOX用フォルダに保存したファイルをすべて見分けることができます。

 

事前にiPadで見たいファイルはパソコン上で「My Dropbox」のフォルダにドラッグしておく必要があります。

 

 

 

iPhone

iPhone版のDROPBOXもあります。

 

DROPBOXのサービスは無料で2GBまで助かるアカウントと有料で50GB、100GBまで使えるものがあります。

 

パソコン側でどれを選択していたとしても、iPhone側では無料でDROPBOXを使うことができます。

 

アカウントは必要ですから、iPhoneのアプリから登録して取得しておくことが必要です。

 

 

iPhone版のDROPBOXではパソコンに入っているファイルデータを閲覧することができます。

 

但しiPhone上で既存のデータを編集することはできません。

 

主に閲覧用として扱うことになります。

 

編集はできませんが、出先で自宅のパソコンに入っているデータを見たいときなどに便利です。

 

 

DROPBOXではファイル名に日本語入力してもまさしく使われているのに、テキストファイルなどを開くと中身の日本語は文字化けしています。

 

重い時折ファイル自体解くことができない場合もあります。

 

Microsoft Offieで作成した文書やKeynote文書、PDF、Pagesなどは文字化けすること無く日本語表示ができます。

 

 

iPhone版のDROPBOXでは、画像や音楽や動画、Offie系ファイル、HTML、テキストファイル、iWork、vcardsが取り扱い可能なアプリケーションです。

 

 

通常DROPBOXでは共有フォルダに入れたものだけが公開されて共有出来る仕組みでした。

 

但しiPhone版のDROPBOXでは共有フォルダに入っていないファイルについても共有出来る仕組みがあります。

 

ファイルの共有専用のURLをメールに添付して送信すれば、受け取った側はそのファイルが共有されていないものそれでもクリックすれば閲覧することができます。

 

リンクは月額間有効です。

関連ページ

DROPBOXとは
オンラインストレージ2、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
利便性
インストール、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ファイルの共有
ファイルの救出、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
保存前に引き戻す機能
シェア、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
Dropboxのポイント
要素、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。