DROPBOXとは

DROPBOXとは

DROPBOXは「ドロップボックス」と言います。

 

アメリカの企業が運営しているオンラインストレージです。

 

こちらのサービスを利用するためにはサインアップが必要です。

 

誰でも利用することができ、登録すればディスクスペースを2GB分無料で取り扱うことができます。

 

 

このようなオンラインストレージを提供している会社は他にもいくつかあります。

 

DROPBOXが他社より優れている点が、高機能のバックアップシステムを携帯していることです。

 

クライアントソフトを通じて高機能のファイル同期が行えます。

 

 

通常会社と自宅でファイルを共有望む場合、USBやCD-Rなどの媒体を通じて保存し持ち歩いてそれぞれのパソコン上で開かなければなりません。

 

ただしこのようにディスクスペースを携帯していれば、どこからでもどのパソコンからでもファイルを解くことができます。

 

そうしてファイル同期がしっかりとしているために、会社で修正したファイルは自宅から開いても修正後の最新版のものになっているわけです。

 

どこからでも同じ環境でおんなじファイルを利用することができます。

 

そのため利用者はDROPBOXというものを主として意識せずに複数のパソコン間でファイルを共有して利用することができます。

 

 

またバックアップシステムもあるため、パソコンやシステムが万が一破損したり、紛失したりした場合けれども一気に復元することができるというメリットもあります。

 

今まで個人で外付けHDDやCD-Rなどにバックアップを通じてきた手間が一切無くファイルを始終最新の状態でバックアップして関するのです。

 

 

 

オンラインストレージ

先程DROPBOXとはオンラインストレージであるとご説明しましたが、ではオンラインストレージとはなんでしょうか。

 

これはサイトにおいてファイルを保管するためにディスクスペースを貸してくれるサービスです。

 

 

オンラインストレージには、DROPBOXのように無料で利用出来るものもあれば有料でお金を払う必要があるものもあります。

 

無料の場合ほとんどがオンラインストレージの画面上に広告表示されています。

 

広告主からの広告料でそのサイトが運営できているため料金が無料になっているという理由です。

 

 

オンラインストレージの魅力とは、いつでもどこからでも複数台数のパソコンで共通のファイルを解くことが出来ることにあります。

 

自ら複数の場所からアクセスするのにも便利ですし、複数人でファイルを共有したいときにも便利です。

 

利用出来るディスクスペースとしては、100MB以下のものが主流となっています。

 

DROPBOXの2GBを無料貸し出しということがどんなにすごいことかわかっていただけると思います。

 

 

一般的なオンラインストレージではWeb上やFTPから利用することができます。

 

パソコンの中に専用のソフトをインストールしてパソコン上のエクスプローラなどから通常のハードディスクという扱いが出来るタイプのものもあります。

 

近年1人1台以上のパソコン保有率でインターネットが当たり前の時代にあって、このサービスは便利で一大ものとなっています。

 

 

 

オンラインストレージ2

オンラインストレージは別名ファイル・ホスティングとも呼ばれています。

 

サーバー上にあるディスクのスペースを貸し出して得るものです。

 

 

利用者ごとにパスワードが割り振られているため他人が自分のファイルにアクセスすることはありません。

 

但しケースによっては公開したいファイルもあるため、そのようなときは公開することができる機能もあります。

 

 

オンラインストレージと似ているものとして「アップローダー」があります。

 

こちらの目的は自分のファイルを外部に公開することです。

 

そのためアップローダーに入れたファイルは誰でも確かめることが出来るようになっています。

 

 

オンラインストレージサービスを通じている会社はいくつかあります。

 

たとえば「オンラインメモリー」では貸し出し容量が無制限で、その代わり保存出来る期間が制限されています。

 

「InternetDisk」では貸し出しの最大サイズが3072MBでジャストシステムがサービスを提供しています。

 

Yahoo!が提供しているサービスとして「Yahoo!ブリーフケース」があります。

 

こちらの貸し出しサイズは1GBです。

 

ニフティでは「マイキャビ」として通常20MBを貸出ししていて、最大は10GBまで可能となっています。

 

NTTコミュニケーションズが行っている「cocoaギガストレージ」では最大10GBまで可能となっています。

 

これらは全て日本語対応可能サービスです。

 

DROPBOXなどは日本語非対応となっています。

 

「Mozy」や「ADrive」、「MediaFire」など日本語非対応のものけれどもオンラインストレージのサービスを通じている会社は多数あります。

 

DROPBOXでは無料の貸し出しストレージは2GBで最大は100GBまで可能となっています。

関連ページ

利便性
インストール、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ファイルの共有
ファイルの救出、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。