最近のサブドメイン事情

最近のサブドメイン事情

サーバーにおいては、サブドメインと独自ドメインの両方が取得可能です。

 

サーバー会社の会社名や他の様々な特定の名称がついたサブドメインと、随分そういう付加のない独自ドメイン、どちらがますますお得かを契約前にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

サーバーと契約する人の多くは、独自ドメインを取得するようです。

 

独自ドメインの管理もサーバーに一任すれば、料金の支払いに関しても一体化できますから、結構楽です。

 

料金自体もいまひとつ安いので、個人で利用している人も多くなってきています。

 

 

サブドメインの場合には、ほとんどが無料で利用できるので、個人での利用はこちらが未だに主流です。

 

プロバイダではなく、サーバーを選択しておいてサブドメインを利用するについては、以前であれば僅か珍しかったですが、今は割と増えています。

 

というのも、サーバーのサブドメインが、近年選択肢を増やしてきているのです。

 

 

以前は、サブドメインというと、大体その会社の名前が入っているドメイン一択でした。

 

但し今では、会社名にこだわらず、様々な名称を用意しておいて、その中から選ばせるという方法を採っているサーバー会社が増えています。

 

そうするとサブドメインも個性が出し易くなり、よく抵抗なく利用できるかと思います。

 

さすがに商用目的の場合は難しいですが、個人サイトであればこちらの方が良いかもしれません。

 

 

 

マルチドメインの活用方法

色々なものがあるあるサーバーのサービスだが、その中の一つであるマルチドメインは、商用目的の場合には本当に重要な要素となってきます。

 

マルチドメインというのは、一つのサーバーと契約している中で、複数のドメインを取得する事です。

 

複数のサーバーやプロバイダと契約していれば、必然的にドメインは複数になりますが、それだと一つ一つの管理が面倒な上、コスト面でも勿体無い状況になります。

 

一方、マルチドメインだと一括して管理して味わう事ができ、価格的にもお得です。

 

 

そういったマルチドメインの活用法としては、複数のアフィリエイトサイトを持つ場合などが挙げられます。

 

アフィリエイトの場合、一向にSEOが万全である必要がありますが、もしも同一ドメインのカテゴリ内で複数のサイトを持つと、SEOの観点ではいまひとつ有難い方法とはいえません。

 

場合によっては、下のカテゴリになったサイトの方がほとんど検索エンジンに引っかからない事態になってしまいます。

 

一方、マルチドメインで一つ一つのサイトを構築すれば、そういった事は起こらず、しっかりしたSEOの効果が期待できます。

 

 

マルチドメインは、一つのサイトしか運営諦めるという人には年甲斐コンテンツですが、アフィリエイトや通信販売などの複数のサイトが必要な場合や、趣味用と仕事用を完全に独立させたいという場合などに、極めて重宝達するサービスです。

 

最大いくつまでドメインを持てるかなど、契約前には前もってマルチドメインの制限等について確認しておきましょう。

 

 

 

サーバーにトラブルはあるか

サーバー会社との契約においては、基本的には大きなトラブルが発生する事はありません。

 

昔は、サーバーの管理体制に問題があり、それがトラブルの要因となっていましたが、現在はそういった事もなく、管理体制が行き届いている会社だけなので、問題となる事もとりわけないと考えて良いでしょう。

 

従って、安全面はそれほど心配する必要はありません。

 

 

ただ、どんなに管理体制が整っているとはいっても、原因不明のトラブルが発生する事はあります。

 

たとえば、忽ちサーバーダウンしてしまい、そのサーバーとしているホームページが全て閲覧不能に達するという事も、稀にですが発生します。

 

そうなると、復旧までホームページの閲覧および更新が不可能となります。

 

 

この場合、復旧までの時間はたいしてかからない事が多いですし、サーバーダウンによってデータが降りる事も意外とないので、大きなトラブルに発展する事はありません。

 

ただ、商用目的で利用している場合、サーバーダウンは最悪な信頼低下に繋がります。

 

そうならない為にサーバーと契約しているのに、結果的に落ちてしまうとなると、まだまだ考えものですね。

 

 

商用サイトを設ける為にサーバーと契約する場合は、できるだけそういうトラブルが起きていないところを選ぶようにしましょう。

 

サーバーダウンした場合は更新履歴やインフォメーション等にその経歴が留まるので、ここ1年くらいの状況を確認してから契約を交わした方が良いかもしれません。

関連ページ

ホームページやブログを作ってみよう
有料サーバーと無料サーバーの違い、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
サーバーとプロバイダの違い
サーバーの選び方を学ぼう、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
HPスペース容量とメール容量
バックボーンはしっかり確認しよう、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
独自ドメイン取得は大きなメリット
サーバーのバックアップ体制、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
アクセス解析を活用しよう
サポート体制はレスポンスの早さがカギ、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
利用規約や禁止事項を確認しておこう
お試し期間を活用しよう、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
より良いサーバーは国内か海外か
引越しを行うときの注意、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ウェブショップを経営してみよう
仮想専用サーバーとは、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。