システムエンジニアを知る

システムエンジニアを知る

仕事の経験がない人にシステムエンジニアの仕事内容を説明するのは難しいようです。

 

コンピューターシステムと言えばなかなかわかりますが、具体的にいかなる仕事をすればコンピューターシステムが生まれるのかわからないからです。

 

システムエンジニアの仕事はシステムを構築することだけではありません。

 

企業によってその守備範囲がなることも、システムエンジニアの仕事内容を説明しにくくしている原因です。

 

勿論、高校生ぐらいの時にはシステムエンジニアになりたいという人は乏しいようです。

 

具体的なイメージがつかめないからでしょう。

 

それよりもプログラマーになりたいとしているようですね。

 

プログラムをすることは、学校の授業などでも経験している人が多いからです。

 

システムエンジニアをわかるためには、家を組み上げるときの仕事内容を考えてみるとわかりやすいでしょう。

 

家を組立てるためにはいかなる仕事が必要なのでしょうか。

 

家の図面を書くためには建築士がいます。

 

また、いかなる家にしたいのかはユーザーと話し合いをするアドバイザーの人がいます。

 

予算と実際に繋がる費用を見比べながら、家の形を達成させていきます。

 

図面が出来上がったならば、必要な材料を購入しなければなりません。

 

そうして、実際に家を組立てる大工さんがいます。

 

壁は左官屋さんです。

 

庭を作り上げるのは庭師です。

 

照明は電気工事屋さんです。

 

それぞれの人がそれぞれの役割を担ってやっと、家ができあがるのです。

 

そうして、全体を指揮している親方がいます。

 

それがシステムエンジニアに相当するのです。

 

 

 

システムエンジニアとアウトソーシング

企業ではコンピューターシステムを導入することが当たり前の時代です。

 

そうして、古くなったシステムはリプレース変わることになります。

 

つまり、システムは絶えず管理しておかなければならないのです。

 

その管理のための人員をどの程度確保しておくかは企業によって異なってきます。

 

管理をすべて外部に委託することが一般的になりました。

 

アウトソーシングです。

 

アウトソーシングを行う場合けれども、企業の業務内容を熟知してあり、システムの知識も持ち歩いている人が必要です。

 

このような人が自社とアウトソーシング先とのつながりを維持するのです。

 

アウトソーシングは企業にとっては経費を節約することになります。

 

IT技術は日々進化してあり、古い技術は使えなくつながるケースが多いのです。

 

従って、古臭い知識だけのシステムエンジニアは敬遠されることになります。

 

あなたがシステムエンジニアを自認しているのであれば、日々勉強しておくことです。

 

新しい技術を知識として持ち歩いておくことによって、システム全体がよく理解できるようになります。

 

システムエンジニアの仕事内容は広いものがあります。

 

営業的ことからプログラマーの仕事まであるのです。

 

その中のどの部分を自分が担っているのかを理解しておくことです。

 

それによってあなたの進むべき方向性が定まりますね。

 

コンピューターは伸びることはあっても、涸れることはありません。

 

内部は複雑だとしても、利用者にとっては単純なシステムでなければなりません。

 

 

 

システムエンジニアの問題

企業で使われているシステムが古くなっている場合にはその保守が問題となります。

 

プログラム言語も時代に応じて変化してあり、古臭いシステムの保守をできる人員が限られてくる。

 

高度な技術を所持しているシステムエンジニアであれば対応できるかもしれませんが、新人を古くさいシステムの管理に当てることは本人のモチベーションの観点から望ましいことではありません。

 

そのためにいつまでもおんなじ担当者がシステムの面倒を見なければならないという状況が発生するのです。

 

これは日本中で起きている問題です。

 

ソフトウェアの世界それでは2000年問題がありました。

 

このときのシステム管理のために人を増員している企業もたくさんあります。

 

その危機がなくなってしまったら、システムエンジニアが余ってしまっているのです。

 

企業が毎年のようにシステムをリプレースするわけではありません。

 

システムエンジニアと一口で言っても、そのレベルは個人差がでかいのです。

 

若い人の方が技術の吸収は手っ取り早いでしょう。

 

今日は知らないことであっても、明日には知っているのかもしれません。

 

中高年のシステムエンジニアは監督としての役割を担っていかなければならないのです。

 

但し、多くのシステムエンジニアはシステムのことは完全にわかっていますが、それ以外のことには疎いのです。

 

企業内の業務として、管理面のスキルを求められなかったからです。

 

これからの時代は定年間際であっても、仕事を得ることが多くなるでしょう。

 

システムエンジニアとして、いつまで現役でいられるようにしたいものですね。

関連ページ

システムエンジニアとは
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアとプログラマー
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアとマイクロソフト
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアの年収
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
病院のシステムエンジニア
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアの役割
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
優れたシステムエンジニアとは
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアの経験
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ITとシステムエンジニア
システムエンジニアを知る、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。