システムエンジニアの年収

システムエンジニアの年収

仕事をするからには収入がどれくらいなのかが気になりますね。

 

一大システムエンジニアはどれくらいでしょうか。

 

一つのデータがあります。

 

当然、これは統計によるものだから、これがすべてとしてはいけません。

 

平均年収は550万円、平均時給は2000円強です。

 

他の職業と比べてどうなのでしょうか。

 

地方公務員の一般職の平均年収は700万円ですから、それよりも低くなっています。

 

これは平均年齢が低ということが影響していると考えられます。

 

システムエンジニアは若い時の方が働き易いのです。

 

テレビなどでもシステムエンジニア風の仕事が出てきますね。

 

パソコン画面の前で徹夜などをしているイメージがありませんか。

 

プログラマーとシステムエンジニアがごちゃ取り混ぜになっています。

 

世間の関心はどうしてでもよいのですが、自分がどのくらいのレベルにあるのかを知っておきましょう。

 

システムエンジニアの平均年齢は35歳です。

 

会社に入ってから10年目ぐらいですね。

 

収入によって職種を決める必要はないのですが、自分が希望する仕事のことを知っておきましょう。

 

無論、企業によってかなりのばらつきはあるでしょう。

 

職種よりも企業の体質の方が働き甲斐を考えた時折重要になるかもしれません。

 

大学で就職活動を通していても、実際の仕事の内容はぜんぜん見えてきません。

 

就職してついにわかることが多いのです。

 

それはあげるしかないですね。

 

最近は転職をする人も増えて来ましたから、一度の就職ですべてを決めてしまう必要はないのです。

 

 

 

システムエンジニアと派遣

企業の雇用形態としては正社員ではなくパートとなっている人が多くなりました。

 

一時は社会問題となっていたのです。

 

企業のITシステムを構築する立場のシステムエンジニアもパートが多いと言われています。

 

システムを構築する時々必要ですが、運用に入って安定してくればシステムエンジニアは必要なくなるからです。

 

企業が自社のシステムをどのように考えているかによって、社員を確保すべきかパートで扱うかは決まってくるでしょう。

 

あなたがこれから就職を考えているのであれば、できれば社員として採用してもらえるように試しましょう。

 

ITシステムはひとまず構築したからと言って、さらにそのままで運用出来るわけではありません。

 

企業の業務内容が変化することにより、システムも変わっていかなければならないのです。

 

システムエンジニアはその他のIT関連の技術者よりも優れていると言われています。

 

それが本当かどうかはわかりませんが、平均給料は高くなっています。

 

システムエンジニアに求められているものが高度なスキルなのでしょう。

 

本当にシステムを構築するためには、年単位での検討と作業が必要です。

 

パートであっても、年のスパンで契約することが一般的です。

 

パートとしての採用であっても、自分の実力を発揮することによって、重要なポジションを占めることができます。

 

そうすれば、あなたへの人気が高まります。

 

当然、その保守や運用は他の人に引き継がれていくことでしょう。

 

 

 

システムエンジニアになるには

高校生の進路を決めるままシステムエンジニアになりたいとしている人も多いようですね。

 

そういった人に少しアドバイスをください。

 

システムエンジニアという職業はどのようなことをするのでしょうか。

 

それはコンピューターシステムを構築することです。

 

ただし、コンピューターシステムのことがまったく十分に理解できない場合にはシステムエンジニアの仕事ものほほんとしたものに思われるでしょう。

 

プログラミングは具体的なイメージがわかり易いようです。

 

プログラムができることとシステムエンジニアには直接的な関係はありません。

 

但し、技術レベルを向上させるためには最低でも一つの言語を知っておかなければなりませんね。

 

また、仕事の内容は就職した企業によって大きく変わってしまう。

 

システムエンジニアという役割が明確に規定されているわけではないからです。

 

ちっちゃな会社だとすれば、システムエンジニアは何でも屋さんとなります。

 

システム立案、構築、ハードの購入、プログラミング、テスト、運用など何でもあるのです。

 

企業の規模、システムの規模が大きくなるによって、それらを複数の人が分担するようになります。

 

コンピューターシステムの運用管理とそれを使用する人たちは別の会社であるケースが多くなりました。

 

それがアウトソーシングと呼ばれるものです。

 

別の会社ところが、押しなべて運命コミュニティーという関係です。

 

これからシステムエンジニアを目指すのであれば、大学は情報系の学部を選ぶべきでしょう。

 

そうして、学校で教えてくれることだけではなく、各種プログラムの構築を経験することが将来の役に立ちます。

関連ページ

システムエンジニアとは
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアとプログラマー
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアとマイクロソフト
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
病院のシステムエンジニア
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアの役割
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
優れたシステムエンジニアとは
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアの経験
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
システムエンジニアを知る
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。
ITとシステムエンジニア
システムエンジニアの年収、モバイルやWi-Fi、WiMAXなどの話題やネット通信関係の話題。