家計簿管理 徹底法

家計簿管理の基本とルールを自分でつくる。コツと工夫について簡単に解説します。これから出歩くお金や出費の対象は「試算する」のが基本です。その試算は真に手元にお金や現金がなくてもできますから普通に思いついた数字でもかいてください。適当な数字で構いません。いま20000円と思いついたらその数字を記入します。200000円(思いついた数字)これを給料の金額に想定します。1月の給料が200000円だと考えて...

家計簿管理の方法に必ずや浮き出る課題。課題の内容としては家計簿が絶対に計算通りになるということはありません。生活の流れや仕組みとかで本人の感じ取る家計簿の構造は向かうからです。じぶんがこの家計簿と計算が規則正しいとしていしているのに計算があなかったり数字が異なりていることはありませんか。もしもそれほどならばそれはあなた自身の計算の仕方に問題があるのではなくて予定されている自分の日常支出をお先にコン...

日常生活で苦戦するかもしれない計算と管理方法の不安。当方が日常生活で出来るだけ自分のお金を余計なことに使わないで残しておく工夫をこらしますよね。予め1月の収入を100万円とします。その100万円は丸ごと自前に出来るかどうかを考えます。到底自分のものにしたくて仕方ありませんよね。それは当然です。自分の給料ですから。計算式100万円 ー 生活費 = 自分の手取りという計算になります。生活費50万円だと...

生活苦だからといって安易に借金はしないこと。変な話かもしれませんが借金を無意識につくってしまうことは避けたいですね。これだけは治めることです。一体全体家計簿だからといって自分で自由にスキ勝手に計算を書き換えてあとから後悔する結果を自分に返しても意味がありません。日常生活で自分が困らない程度に騙かす人もいます。それがあとから恐怖になって跳ね返ります。財布の中に1万円あるから明日も大丈夫とか「今日は一...

病的な理由でお金の管理ができない人にも家計簿は作れます。例えば病的な理由でお金の計算ができない場合それでも家計簿を持つ資格はあります。病気のひとだからといって家計簿を持つ資格がないなんてことはありません。みんなにそれぞれの作り方と考え方と計算の仕方があってその計算の仕方には個人の価値観が入り込んでいます。個人の価値観が何で関係するかは知りません。ただ、「私は〜したいから」とか「私は〜を目指している...